a good fortune comes into a merry home
笑う門には福来る
スポンサーサイト///20120421 / / -

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
思うところはたくさんあるのだけど///20120421 / 00:56 / -
 ブログ持ってるの忘れてたよ、完全に。


ペンは剣よりも強し

いつの時代の言葉か忘れてしまったけれど

結局昔から「剣」の方が強い

ひねくれていると言われれば元も子もないが

本当にそう思う






comments(0)
友///20110820 / 00:05 / -

「親友」って言葉が好きではない

昔、親友が何人もいると言う人に「親友とは」と語られた事がある

僕は軽々しくその言葉を使うべきでは無いとその時思った

けど本当は軽々しく使ったつもりは無かったのかもしれない

実際に十数人の親友がいたのかもしれない

でもその中に僕も入っていた

確かに良く遊んだ時期でもあったが、僕は少し彼に苦手意識を持っていた

にもかかわらず僕の事を「親友」だと言ったのだ

親友とはそんな物なのかとガッカリしたものである


だから言葉数は増えるけど

「大切な友達」

と言うことにしている

comments(0)
思うのです///20110617 / 18:44 / -

 
久しぶりすぎる更新です
twitterやfacebookだと長々書けないので、やはりこういう時はblogかな

さて、高速道路の上限1000円や無料区間の終わりが決まりました
ニュースを見ると

「いや〜困りますよね、ずっと無料にしてもらわないと通勤もお金がかかるのは困る・・」

と、40代ぐらいの男性が答えていた
おい!お前さん!なぜ無料ベースで発言してるんだ?元々高速って金払ってただろ?
タダや1000円が当たり前では無かったはずだ、大体通勤なら早起きして下道走りなさい。
いや、むしろしっかり払って税収に貢献すべきだ。
確かに誰かさんは「無料にする」って言ってたけど、そんなの出来もしないって事ぐらい誰だってわかる。
40年以上(勝手な憶測)生きていてそんな事も考えれないのか?
そんでそういう考えを助長するマスコミもどうなんだ?あぁ?

高速道路の無料化で影響を受けるであろう企業が

「有料化によって客足が落ちてしまうのはとても困ります、無料の維持はしていただきたいですね」

何だろうねこの発言・・
無料化のお陰で儲けれた事を棚に上げ。
ただただ売上が落ちることを恐れるこの残念さ
「高速道路でお金がかかっでも行きたい」
そんな魅力ある店づくりをするのが企業努力でしょ!
行政におんぶに抱っこする事が企業努力では無い筈だ!甘えるな!

もちろんその後ちゃんと努力して差別化を図る旅館や企業の紹介もあった。

それだよマスコミ君、うん。


と、終始偉そうに怒り飛ばしましてスイマセンでした・・・

comments(0)
3.11///20110314 / 22:42 / -

 

comments(0)
新年明けましたね、おめでとう///20110107 / 18:39 / -


 何だかずっと天気が悪い

全然滑れてない・・・

本当に滑りたい

しばらく雪の予報は変わらなさそう

いつになったら滑れるかね〜


話は変わり

息子がかなり笑う

ツボに入った時はひたすら笑う

今日も笑うかな?

あ、泣き出した(笑)

それでは!

comments(0)
モンスター///20100831 / 00:30 / -

 
腹が減ったわけでもなく

オムツが濡れているわけでもなく

熱があるわけでもない

どの虫の居所が悪いのか解らないが

本気泣き

抱っこしても

ユラユラしても

BOX踏んでも泣き止まない

リーサルウエポンは「おばあちゃん」

やっぱり先輩には敵いません・・・


父さん直ぐにツボ掴んだるからな〜

comments(0)
せっかくなので///20100819 / 01:03 / -

 
一筆振るいました




未だアサラトでのあやしが成功しません・・・・

もう少し大きくなったら再チャレンジです。

comments(0)
神父さんgood job!///20100819 / 00:55 / -


なんにしても楽しそう!

"
ちなみに、不良少年にトリックを見せてあげたら、ちゃんと教会に通うようになったそうな。

comments(0)
名前が決まりました///20100803 / 23:15 / -


健 謙 憲 堅 拳 剣 賢・・・・・


「賢太郎」

賢いとは言ったものの、

「健康に育てよ我が息子!!」

comments(2)
ちょっと親バカします///20100723 / 01:27 / -

どちらが欲しいという訳ではなく

妻は「男の子だと思う」

俺は「女の子だと思う」

そんな予想を立てていた

結果は、3220gの元気な男の子!

何となくの予想は外れるものですな、やはり母のカンは当たる!

 
我が子を抱き、顔を近づける

「何だか赤ちゃんイイにおいがするね」

あまり嗅いだ事の無い香りがした

赤ちゃんはそうなのかな?

妻も同感だったのだが、数分後それは判明した。

「この毛布から同じにおいがする・・・」

あぁ〜柔軟剤ね


人の子供なら両親のどちらに似てるとか分かるのだけれど

自分の子となるとよく分からない・・

とりあえず分かったのは


唇の厚さは俺だな







comments(0)
/ 1/15 / >>

http://jugem.jp/ | http://biancca.net/